講演会における発表概要の紹介2

ANA-WP_09_1024x768.jpg
ANA-WP_09_1024x768.jpg

タイトル:「B787開発への参画と導入準備」
講演者:並木 広行(全日本空輸株式会社)

概要:
 2004年4月26日に、ANAが50機のB787(ボーイング787型機)を発注することによって、B787開発が正式にスタートした。当初予定では2008年5月のデリバリーに向けてのスタートであったが、新技術の多用及び主要構造部位毎のパートナー各社との分担による新規製造工程の採用等々の挑戦的な課題への対応の困難さもあり、3年以上遅れ2011年9月25日に初号機がデリバリーされた。
ANAの事業計画の中核を担うB767(ボーイング767型機)の後継機材として、羽田空港の再拡張に対応でき、在来機にて苦慮した不具合に対応し、ANAの運航形態・環境合致した21世紀で最も魅力的なB787を実現させるために行ってきた活動内容と、就航後に高位の定時性・信頼性・快適性を維持・向上させるための各種準備内容が紹介された。

画像はhttps://www.ana.co.jp/promotion/b787/special/より